タレントマネジメントとは?システム導入のメリットも解説

タレントマネジメントとは企業が目標を達成させるために、自社に所属している人材の一人一人に着目しながら、経歴や評価・スキルや特性などを全て管理し、そのデータを活用しながら育成・配置や評価・採用や昇格などに活用している取り組みです。その中で一人一人の人材のことをタレントと表現していますが、組織的に導入するためにどうするかが課題で将来の変化を想定した時に人材マネジメントをすることで具体的な課題も顕在化しているのが現状になります。新しい企業を推進させるためにスキルが備わっているタレントが少ないですし、業務遂行へ必要とされる資質を持っている人材開発もできていないことがあり、業務適性を踏まえている人材配置も正しく行われていないシステムだと言えます。

また業務が多く対応できる人材がわからないということで、ストレス耐性が求められる業務が多いですし、離職率が悪化している現状から従業員のモチベーションを上げるマネージメントができていないことがあります。タレントマネジメントとは導入されることで、さらに多くの人材情報を活用し人材戦略の課題解決策を進めることができますし、経験・スキルや資質を含めて人材情報を知ることができるのもメリットです。個人の能力を可視化・組織パフォーマンスの可視化など最適なプロジェクトを編成しながら、人材の配置や必要能力を持っている人材を選出することが課題で、職務適性を考慮しながら従業員を配置していきます。

個人の能力に応じた育成をすることもメリットにつながりますし、育成ターゲットの選出や個別育成をするための対策・もともと持ち合わせているポテンシャルを考慮しながらの育成が個々のタレントを成長させます。職務適性・傾向の把握を考えながら従業員の採用を行い、採用基準を明確・リテンション強化などで課題を解決していきます。導入している場合はそれぞれのノウハウが重要な業務でも、人材情報を活かしながら知見を共有できるメリットもあります。今まで埋もれていたとされる多様な人材を、個別に見いだすことで色々な視点を持つことができますし集計や分析も可能になり、個人のスキルや職務適性・資質などを軸にし候補者を選出して行ったり人材育成計画に活用できます。評価をするプロセスに対してワークフローを活用していきますが、このようなシステムによって人事考課の工数も削減することができますし、職種や自社業務に適している人材をあらかじめ把握した上で、採用することも可能です。

あわせて読みたい記事