中小企業がオウンドメディアを持つことのメリットについて

中小企業のオウンドメディアは自社で所有しているホームページなどのネット媒体をさしていますが、企業が消費者へ向けて発信しているメディアになるのでその種類は多種多様で、見る人を楽しませることもあります。企業が運営しているウェブマガジンを始めブログなどのコンテンツが定期的に更新されることも、オウンドメディアと呼ばれることがありますが、日記のような記事を更新するブログであればそればブログという立ち位置から出ることがありません。消費者との信頼関係を築くことが目的で、中立的な立場で情報を発信することができますし自動車関連の中小企業であっても、料理やインテリア・ファッションに対しての記事を更新することもできます。

企業のメイン活動とは一見無関係であるページを更新することは、客観性がありそこからの価値軽情報を提供する姿勢があるという意思を消費者へ示すことになりますし、それを有益な情報として消費者も汲みとります。結果は企業が消費者からの信頼を獲得することができ、オウンドメディアを運営する中小企業は中立性を保ちますし、消費者から見ても価値があったり役に立つページを見ることができるというメリットがあります。消費者からの信頼を獲得することに成功すれば、消費者の購入意欲が高まり企業のブランドも潜在的に良いものだという意識になりますし、直接的に売り上げを伸ばすためのものではなく顧客からの信頼を獲得することになります。

オウンドメディアは運営が長くなるほど検索エンジンでも上位に表示されるケースが見られ、そこから販売サイトをリンクさせることができるので、ネット上で集客をすれば実際に商談や成約の獲得も可能です。ネットで集客をする場合は広告を出しますが、一過性になりやすく一時的にネット集客で成功したとしても、広告の出稿が終了すれば元の状態に戻ることが多いので広告費の無駄になりやすくなります。
しかし広告ではなく自社が運営しているメディアという立ち位置なので、販売サイトへの集客が継続して見込めますし、中小企業を運営していく上でも大きなメリットで長期的な集客を見込むことができます。

一般的にユーザーから見て広告だとわかったり、何かを売りたいなという意図が伝わればよほど興味がある人ではない限り、その広告から離脱する確率が上るのが難しいところで、記事にはその意図を組み込まないようにします。ネットで製品を販売していくには信頼関係の獲得が欠かせない要素で、価値を提供していくことやユーザーにとっても役立つような、利便性の高い情報を発信していくことがメディアの成長につながります。記事を増やすことも大切ですが、良質な記事を作成することを大切にし、見込客からの信頼獲得が大切です。信頼されることで製品を紹介する記事も安心して読んでもらうことができます。

あわせて読みたい記事