人事評価制度が曖昧な中小企業は改善を!

多くの企業は人が働くことで成り立っていますが、ここで大切なこと橋さんの成長に投資をしている企業があるかどうかで売り上げに直結しそうな広告・簡素な営業テクニックなどの研修が即戦力として用いられています。中にはすぐに結果が出る即効性が高いものもありますが、企業が継続的に成長しながら将来のビジョンを実現させていくには、企業で働く人の従業員が必要不可欠で成長しなければならない媒体になります。中小企業では特に人事評価が曖昧になりがちで、会社の営業でもやる気や能力を上げることで成績が何十倍にも膨れ上がることがあり、どのような従業員でも潜在的に高いポテンシャルを持っていることがわかっています。

この能力をうまく引き出すことが大切ですが、それを発揮させる動機付けがないですし発揮できていない人の能力を最大限に引き出しながら、それを実績へ反映させることが企業のビジョンを達成させるための秘訣です。ここで導入するべきなのが人事評価制度で、その場限りの広告やツールへお金を投資するのではなく他の会社にはない会社の最大資産である人材へ投資をすることが望ましく、競合会社へは決して真似ができないオリジナル性もあるようにします。中小企業の人事評価制度というイメージは、査定されるような状態ですが継続的に従業員を育成させる仕組みの一つで、人材育成を通しながら経営目標を達成することが最終的な目的になっています。

前提としては経営計画書を作成することが大切で、これがなければ企業の目的が明確にならないですし従業員から見てもどのような方向を目指していけば良いのか不明確で、どのような人材は必要になっているかもわかりません。人事評価は企業の経営戦略を直結しているものであり、本来の目的を見失うことなく適正な評価を行い、それを確立させて賃金や昇進昇格へ反映していくことが、最終的に従業員へのモチベーションを上げることにもつながります。中小企業に最も必要な制度ですが、リーダー的存在の従業員を育てる必要がありそこへ本格的に取り組むとすれば、時間やコストもかかりるので現実的には難しいこととして認知されていることも多いです。

このプロセスをそれぞれのリーダー的存在の人物に関わるようにすることで、自分たちが到達するべきビジョンを自ら定めることができますし、そこから仕事への取り組みにも真剣さが生まれます。これはスタートされるとリーダーは部下を評価するシステムになるので、いい加減に取り組むことができないですし最終的に自分自身の評価に繋がっていくこともあり、部下からの信頼もそこから得られるようになります。

あわせて読みたい記事