副業を容認することは会社にとってメリットと捉えるべき理由

就業規則が改善され始めていますが、その背景には働き方が多様化してきていることや人手不足を解消するという目的があり、多様な働き方を求めている人が増えており副業の解禁が推し進められ始めています。また労働者の人員不足が大きな社会問題になりつつありますが、労働者を一つの会社に縛り付け、他で働いてはいけないなどというのは、従来の雇用形態を継続させることで労働人口が減りますし、人員が増えることはないと判断します。副業が解禁されることで片方の仕事が終わった人が、他の仕事を始めれば効率的な業務遂行が可能になりますし最終的に人手不足であれば、ここに人を補填することで、会社も成り立っていきます。

その就業規則によると各機関で定義が違いますが、副業・複業・兼業などと呼ばれることもあり収入を得るため本業の勤務時間外に携わっている本業以外の職業を指すとされていて、他社でのアルバイトや資格を活かして単発の仕事に参加することがあります。また最近ではフリマアプリなどで商品を継続的に販売したり、記事を書くライターとしてのお仕事・賃貸経営などが挙げられ、一つの仕事だけに縛られることなく自分の知識や興味を活かしながら仕事を進めていくことができます。商品を継続的に販売する方法は、所属企業の就業規制を関連して問題にはなりにくいですが所得税や課税対象となる可能性が高いので、申告漏れなどには十分注意する必要があります。

副業に興味がある人の理由として最も多いのが、本業以外で収入を得たり隙間時間を使って収入を得たいという気持ちからですが、最近は自分の知識のスキルアップやキャリアを始め人脈を広げるために行うなど、理由も多様化してきています。副業の目的は収入確保へスポットが当てられてきましたが、働き方の多様化が増加するに伴い、自分の成長やキャリアアップをする目的で副業が増え始めていて、実際にそれが現実的なビジョンになります。

現在は副業を認めている企業もありますが、従業員のスキルアップを目的にして認めていることが多いですが、労働者側や企業側にはそれぞれメリットもありお互いに成長できる場が作られ始めています。メリットは本業の離職をせずに、別の仕事へ着くことができさらにスキルや経験を得ることができるので、労働者が主体になってキャリアを形成することができますし本業の取得を活かしながら別のことに挑戦できます。

本業を離職して別の職に就くことは確実性もないのでリスクが高いですが、副業を始めることはリスクが小さくなるので、将来起業したい・転職に向けてスキルを身に付けたいなど準備や思考などが行えます。

あわせて読みたい記事