実は深刻な中小企業の後継者不足問題!

中小企業にとっては後継者不足が深刻化すると予想されていて、廃業すれば今まで培ってきた全てのノウハウや技術などが無になるばかりか、従業員も必然的に職を失ってしまうことになります。できるだけ避けたい状態ですが、事業承継ができないのが後継者不足のいちばんの問題ですし会社を引き継ぐ後継者が見つからない状態は、イメージ的に伝統工芸などの職人的な業界を持っている人も多いです。しかし現在の後継者不足の問題は、特に中小企業に起こっていてその経営者の平均年齢は2007から上昇する一方で、団塊世代の引退をきっかけにそれらの高齢化が進み始めていることが言えます。

経営者が理想としている引退の年齢は平均で65歳ですが、それは彼らの前の世代の引退時期と合致していており、年齢制限自体は経営者には設けられていませんが高齢化に伴いその問題が浮き彫りになっています。親族や従業員などを後継者へするのは、年々困難になり始めておりその反対に外部から後継者を雇う手法もありますが、よければ経営状態が良くなりますし失敗するリスクもかなり高いところが考えどころです。

現在はそれほど知られている方法ではないので、経営者を探すには手間がかかるのでM&Aの活用によって後継者不足の会社が、第三者へ売却する方法も増加しつつあります。これは新しい手法で中小企業も活気が出ます。会社を売却することの選択には抵抗感を持っている人も実際にはいますが、最近は大企業同士のM&A活用が進んでいることもあり多くの人に知られていますので、そこから活用することもハードルが下がっています。

それと同時に中小企業の支援策・広報活動も活発に動き始めていますしM&Aに対しての不信感を持っている人も減少傾向にあり、事業承継は現在は積極的に用いるための選択肢の一つに過ぎません。M&Aは豊富な知識や経験を持っているので、事業継承に対するサポートを行ってくれますし他社へ自社を買い取ってもらうことで、貴重な財産でもある人材や知識・技術を守ることができるので進んで取り入れるものです。中には不採算を抱えている中小企業もありますが、M&Aが相手をしている企業の規模が大きければ解決する可能性も高くなりますし、規模の拡大を図っている企業から吸収されることで事業の発展に繋がっていきます。M&Aを活用することで、事業継承が行えれば従業員が職を失う確率が減りますし、プロの目で見て買取先を選出してもらえるので、全く知らない企業に買い取ってもらうよりも安心です。

あわせて読みたい記事