従業員満足度が向上すれば企業にはメリットだらけ!

従業員満足度は従業員が勤務している会社にどれだけ満足しているかの度合いですが、そこには有給消化率や労働時間・福利厚生などが大きく影響しており、これらが充実していることで従業員が満足していることが多いです。有給消化率を上げるための対策は企業によって違うのですが、消化率が高い企業は取得率や取得日数など具体的な情報が従業員へ伝えられていて、人員も確保されており皆が取得しやすい環境にあります。また上司が進んで有給を消化することで、部下も有給を利用することについての罪悪感がありませんし、上司だけ有給をとってうらやましいという印象ではなく従業員満足度への貢献になっています。

満足する従業員休暇中には出勤している社員で仕事の対応ができることが理想であり、業務フローをもとにして従業員の間でも秒無内容の情報共有がされているので、1人の人員が欠けたからといって大きく会社に影響することがないのも安心です。さらに連休など大型で休みを取得しなくても、半日や時間単位で使えるシステムが導入されていることも特徴で、週休取得率が低い会社は有給についての具体的な情報が従業員へ伝えられていないことが多くなります。属人化していて従業員がそれぞれの業務を抱えており、休めば他にその業務を行う人がいないため人員が足りていても仕事自体が進まなくなり、その結果取得できないという状況になる可能性が高いです。

労働時間も法で定められた時間に合っていて、無理な長期間労働を強いられないことが従業員満足度に反映されており、残業をせざるを得ない状況や時間外の早朝に出勤しなければいけない状態もあります。プライベートの時間が少なくなりますし、時間内に仕事が終わらなければ自宅に持ち帰ってしなければいけない風習があるケースもあり、さらに従業員の満足度が下がってくる可能性が高いです。従業員が働きやすく生活がしやすいメリットがあり、福利厚生はモチベーション・ロイヤリティを向上させる働きがありますし法定外複利を提供する意味は多くの企業にとってもあります。

企業側から見て有給消化率を上げる意思があっても、具体的な提案がなければ実際には人員が足りなかったり、業務に余裕がないため引き継ぐ人はいないといった理由から消化することができない状態になります。その状態から脱却するには具体的な目標設定を行い、全ての従業員に一定の義務的な状態を提示し心理的に休暇を取っても負担を感じさせない状況作りが必要ですし、長期的な目で見たスケジュールを用いてタスクを進行させます。これらの障壁を取り除くことで従業員満足度につながりますし、そこから見て利便性が向上されるように、柔軟に福利厚生の利用ができるような状態が企業の中で導入されれば、さらに他の従業員への負担も少なくなります。

あわせて読みたい記事